へいわぼけ 素潜り漁師ブログ(仮)

漁師ブログをやめてROブログに移行中

ホーム > カテゴリー - へいわぼけ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

着火方法紹介

先ほどHIKAKIN氏の動画を見ていたら、電池とガムの銀紙を使って火をおこすというものがあった。アルミホイルを両電極に当てると電気抵抗の熱により電池の残量が分かると前から言われていたが、火を起こせるほどとは知らなかった。海外ではこの電気抵抗を利用して四角いV9乾電池と金属ウールを使い実際火起こししてる人が居たので紹介する。片側に電極があるタイプの乾電池だが、それをウールに接触させるだけで金属ウールは燃焼する。おそらく風があっても燃えやすいものと一緒に置いておけば容易に発火するので、火口としては十分実用的と思われる。



アウトドアではタングステン棒を削ることで火花を発生させるファイアスターターというものを使うのがマイナーみたいだが、慣れがないと火花をうまく飛ばせないし、削った勢いで薪ごとふっ飛ばしたりするようだ。力を必要としないので積んでおいた薪を崩したり、物をひっくり返す心配がないがないのは大きなメリットだ。火花で点火するファイアスターターと違い風による影響も少なく見える。それにウールの広い範囲が燃焼するので燃え移る可能性が非常に高い。問題があるとすれば電池の寿命だろう。一瞬で電力が弱くなる可能性と破損の危険がある。この欠点が無いのなら優秀な火口と言えるだろう。
[ 2016/01/16 05:53 ] へいわぼけ | trackbacks:0 | comments:0

七輪で焚き火と湯沸かし

どうもktです。昨日は糞回線が20時から7時間切断され、何の謝罪もなくむしゃくしゃしたので翌日うっぷんを晴らしに山に行ってきた。焚き火と言えばファイヤーボックスだが、専用の道具類は持ってないので七輪を使い枯れ枝で火をおこす。そして今回の目的であった湯沸かしの練習をする。

s-P1040676.jpg

さてある山中にやって来た。この道は私が小学生の頃まで隣の地区の子供が学校に通うのに使っていた山道だ。すでに人が来なくなって20年になるが、猪が出るということでハンター以外近寄ろうとはしない。

s-P1040679.jpg
[ 2016/01/15 15:12 ] へいわぼけ | trackbacks:0 | comments:0

一人相撲

明けましておめでとうございます。
去年はネトゲ記事ばかりだったが今年から野外活動に専念できればと思う。とはいっても道具などは一切無いのでただ石組んで網乗せて焼く感じになるだろう。アウトドアは好きだが魚介が食べれないのが非常に残念でならない。肉とは比べ物にならないほど高いのでそういう意味では良かったような気はするが、やはりアウトドアの楽しさは雰囲気にあるので、来世は食べられるようになりたいと思う。ちなみに私は釣りも嫌いなので、アウトドアの半分は確実に損してるだろう。釣りのように待つことが嫌いな上、待たされた時間に見合わない釣果であることが普通なのでそういう意味でも釣りを楽しむことができない。弟の釣りに一日付き合ったことがあるが、翌日ストレス性の頭痛で寝こむほどだ。時間を何かに置き換えること自体おかしな話だが、自分にとっての精神世界の宝物は釣りにはないということになる。基本的に一人で活動することになるが、友人another君とそのうちBBQでもやろうと約束してるので夏頃にでも行けたらと思う。野草の知識があれば現地調達もありだが、前々から豬と鹿が大量発生しているせいで見かける機会が減った気がする。豬は根を食べる為に土壌を荒らすのでツワブキ等の植物は育たなくなる。基本的に何でも食べるのでこれらの野草自体食べられてしまってる可能性が大だ。去年の秋に山芋を探しに行ったが山芋のツルすら見つからない有様だし、これはもう豬を捕まえて食えということなのだろうか。昔家族で遊びに行った思い出の地ですら豬が掘り返して荒れ放題だ。感情論だがここまでされると駆除すべきだと思わざるを得ない。駆除には反対意見もあるだろうが、私としては賛成だ。人間の身勝手で増えてしまったのだから手を出すべきでないという考えもあるだろうが、生態系に影響する以上人間の手で駆除すべき責任がある。動植物は何でも保護したがるのが人間だが、増加することにより他の生態系に影響をおよぼすのを放置するのであればそれは矛盾した考えにほかならない。選択することに怠慢なのはただの思考停止で逃げだ。あれもこれもと欲するのは愚かな人間のすることだ。少なくともこの地球上では全て手にするのは不可能だし、すでに数万という生物を殺した上で人間は生きているのだからこれらの生物を保護したいと思うのは非常に今更感がある。増殖→駆除できないが他肉食は不可欠→それでも保護を(矛盾)→他の生物に弊害→知らん。
矛盾が許されないとは誰も決めてはいないが、少なくとも上記のようなわがままを言うならすべて自分で世話するのが人間として当然の義務だ。なら人間も減らすべきだな!なんて厨房臭い事を言われそうだが、人間が人間を殺すと殺人罪になるのです。確かに増えすぎてあるとは思うが、人間を基準とした他生物の話になるので同種族を減らすなんて考え方は異常だ。仮にバッタが頭よくて増殖をして「我々は増えすぎている!減るべきだ!」なんて考えないだろうし、自分と同じ姿をした者を減らしたいという理由で殺したがる輩は居ない。最も本当に頭のいい種族ならば節操無く子を作ることもするまい。節操の無さは豬も人間も同じにせよ、数のバランス調整ができるのは人間だけだ。脱線したがぶっちゃけ猪やら鹿肉は高いので変わった肉を焼いて食うみたいなことはやらない。アウトドアを極めるつもりはないが、多少変わったことぐらいはやりたいとは思う。
[ 2016/01/10 05:08 ] へいわぼけ | trackbacks:0 | comments:0

賀正42時間前

未だにコンビニおにぎりを綺麗に開けられないktです。湿気で海苔がふにゃふにゃに還元されるのと開封に神経使うことを天秤にかけるなら、迷わず前者だろう。

さて今年も残り1日。
最近は家の老朽化が進み、自然物と勘違いしたスズメたちの遊び場と化している。スズメのエサを横取りしていた野良猫までいついて飯時エサよこせと侵入を試みる始末。特に条例はないが人間に媚びを売るような生物には嫌悪感がするので何度鳴かれようが野良にエサは与えない。挙句人間を自分より下だと思ってるような生物に施す気遣いはない。
直に正月だが初日の出も初詣の予定もないし、雑煮も好きではないので寝正月以外することはない。とりあえず来年からのブログの方向性としてはゲーム、アウトドアなど遊びを追い求めることを中心としていく。地元にいる以上漁業に関する話題も耳にするため記事を上げていく予定だ。今まで表面面を気にして抽象的且つですますチックな助動詞で書いてきたが、実際は偏屈な上とんでもなく口が悪いのでそれを体現したような記事にしようと思う。きっと見るに耐えないブログになるだろう。
[ 2015/12/30 06:34 ] へいわぼけ | trackbacks:0 | comments:0

ゲームBGM紹介

ECOよりseeker of the abyss。
廃人向け最終狩場の無限回廊奈落階層のBGM。敵の強さが半端ではなく、700F台はボスのHPが1000億超えとROとは比べ物にならないほど難易度が高い。ECOのBGMはなかなか素晴らしいので機会があれば他の曲も聞いていただきたい。




[ 2015/12/25 05:07 ] へいわぼけ | trackbacks:0 | comments:0

ネガティブな夜を

s-s-99999.jpg


メリークリスマス。水圧が恋しいktです。

おせちは不味いので正月までクリスマスをやればいいのにとガキみたいなことを未だに思っています。さてこのメリークリスマスという言葉、24日に使うと思われる方が多いと思われますが、厳密には25日に使うのが正しいと言われています。これはキリストの生まれた日が25日であるからですが、クリスマス休暇のある国ではこの日以外でも使われるとのことです。メリーの意味は楽しい、愉快な。キリストの生まれた日を皆で楽しく祝おう的な意味なのだろう。ところで皆さんはサンタを信じているでしょうか。大人になっても信じてる人は詐欺に気をつけたほうがいいでしょう。

6歳の頃、教室でサンタの話になった時周りがうちにサンタが来たなんて言うもんだから、サンタはいない、オッサンが変装してるだけだと言ったことで大顰蹙を買ったのを覚えている。PTA主催のクリスマス会もあったが、同級生の親たちが来るのが嫌で一切参加したことがない。参加していれば少しはサンタの話に騙されただろうか。ガンホ○社員の確率操作じゃあるまいし、サンタやUFOなんて超常現象がそう目の前で起こるわけがない。嘘をついても無い物ねだりに拍車がかかりそうなものだ。某イラスト投稿サイトではサンタと戦闘するイラストが多数投稿されるが、子供にはサンタが偽物であろうと攻撃してはいけないと教えていくべきだろう。
ここ数日気温が高く17度のホットなクリスマスとなった。素潜りの禁漁も解禁されてるが気温高すぎなのか密漁者の仕業かしらないが不漁が続いている。酒なんぞ飲まずに深夜の監視に行ってさえいればこんなことにはならないものを。密漁者の排除よりより酒が大事とは我が親父ながら愚かしい事至極この上ない。何でもかんでも喋りまくる馬鹿な漁師共と犯罪者に加担する瀬渡しの存在が原因として根源にあるが、これらはどうにもならないので口の軽い漁師は愚かだと見下すぐらいしか出来ない。私は酒もタバコもやらないので依存者の気持ちなんて知らないし知ろうとも思わないが、監視も仕事なのだからやめろよと言いたい。漁協がそれなりの手当を出して監視を促しているが、漁港入口などたかだか数カ所を停泊して監視するだけで何の意味もなく、通過する船を不審者と判断するにもウェットスーツの上から何か着ていることがほとんどだし、密漁に使う設備も隠さない間抜けはいない。当然いちいち持ち物検査できる権限はない。某地区の漁師達は監視船で密漁者を発見した際に全員で船を大破し密漁者をボコボコにしている。私としてはこれぐらいの気概を見せてもらいたいと思っている。漁師としても男としても情けない。暴力沙汰は警察のお世話になるが、そこらの漁網をプロペラに巻きつけて逃げられまいとするぐらいなら大丈夫だと駐在員から聞いた。ぶっちゃけこの警察でさえ管轄云々言って乗り込めるぐらいの場所にいた密漁者を逃したわけだが、犯罪者を取り締まる気がないなら警察なんて辞めてしまえばいい。どこを見ても生ぬるい人間ばかりだ。
[ 2015/12/25 04:43 ] へいわぼけ | trackbacks:0 | comments:0

ブログ復活

閉鎖して1年と2ヶ月。片方のブログを続けてはいたがJUGEMは更新しづらくてこっちで更新する予定。素潜り漁師に戻ることはおそらく無いが、ブログ名はそのままで続けていこうと思う。地元の漁協は合併により素潜り漁が廃止になるのが決定していたが、親父が漁協の監事になり、漁協のトップとも仲良くなったせいか素潜り漁を続けられる可能性が出てきた。昨年死亡した悪徳組合長の右腕だったT参事が自分がなんとかして素潜り漁を続けられるようにしてやると言われたそうだ。理事達の意向を無視してまでそんなことができるかT参事の手腕が如何ほどなのか見せてもらおうと思う。
[ 2015/02/17 00:16 ] へいわぼけ | トラックバック(-) | コメント(-)
ブログランキング
カテゴリ
検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。