ラグナロクオンライン 素潜り漁師ブログ(仮)

漁師ブログをやめてROブログに移行中

ホーム > カテゴリー - ラグナロクオンライン

無題

先日記事にした鯖間取引の件を私が情弱だった為に気づかなかったが、運営は前向きに検討する旨の発言をしていることを知った。私としてはロビー鯖限定の鯖間取引を実装するぐらいなら、自鯖に居ながら他鯖のプレイヤーとの取引を可能にするぐらいの手段を確立すると思ったが、随分半端な事をやるものだ。しかしそのロビー鯖とやらの実装を今月に予定していたはずだが、すでに月の半ばというのに未だに告知すら無いのはどういう事だろう。ROの花形たる対人の大型アップデートを事前告知も無しに突然実装するつもりなのだろうか。スレで散々不安がられている、移動制限装備の移動を可能にするか否かについても触れていない。何らかの問題により実装を先送りにしてるのだろうが、ここまで時間は膨大にあったはずなのに未だに解決できないのが不思議でならない。
スポンサーサイト

無題

いつぞや記事にしたクリ珍動画を上げた。リプレイのバグで消耗品がグリフォンの丸焼きになっているが、実際には去年の録画。このクリ珍も今ではMA型に転向しているが、クリティカルにMA並の上方修正があるなら再びクリティカル型に戻したい。


無題

MDのドロップ率3倍を差し置いて研究所のアロエからカードドロップ。これがまた微妙な性能で、コメットのCTを30秒短縮するというもの。且つアニバイベで産出されているので然程希少というわけでもない。+9ラフィネシールド&カル耳セットと併用することで最大90秒の短縮になるが、30秒おきに撃てるコメットに価値があるのかどうか。しかし実際CTをなくせない辺り、使い方次第で凶悪さでも秘めているのだろう。発火成功率が100%なので、対人でこれをバラ撒くのが本来の使いみちか。

screenVali002_2018012616260533b.jpg

ヴェノムキメラ攻略

初めて遭遇した人は必ず苦戦を強いられると思われるヴェノムキメラの攻略方法。

screen008.jpg

出現場所はヴェルナー研究所のCとD。湧き時間は10時間~18時間。ドロップするニーヴ武器は他のボスキメラ二種同様ゴミが多いのでカードが狙いとなる。単独で攻略可能な職は珍と湾。HPが50%程度になりタゲが切れると長詠唱カウンターヒールにより全快する為、ゾンビアタックは不可能。HPが11,913,518と非常に多く、取り巻きが18体いるので超回避も意味をなさず、ヴェノムキメラの使用するM呪縛陣(範囲3×3)を受けてタコ殴りに合い、呪縛陣中に30k強ダメージのアシッドテラーを使用してくるので回復剤の大量消費を余儀なくされる。何より周囲のmobが凶悪で、特に食いかけになっている場合スキル超連打か爆裂するので戦闘中タゲられるとまず耐えられない。アシッドテラーの鎧破壊確率はエミュールと同じく13%あるので破壊耐性は必要。珍以外で倒したことはないので使用頻度と破壊確率は不明だが、武器破壊と盾破壊もある模様。尚且つ12kダメージ×3HITのベナムフォグを使うので、破壊耐性鎧にドルcかアルギオペcを刺す必要がある。

AI自体極めて単純で、遭遇時にMファントムスラストを使用し引き寄せを行い直後にM呪縛陣を使う。引き寄せ後にバクステすることで呪縛陣を回避できる。呪縛陣のCTは30秒程度。呪縛陣中アシッドテラーとクァグマイア(HIT-50)を使う。必中HITは603だが、クァグマイアの使用頻度が高いため、MAで倒す場合HIT653は必要になる。ダクハンとニーヴエンチャント、ハワード武器によりこのHITの達成は容易。古びたボーンサクレだとキメラ鳥二種に攻撃されると呆気なく死ぬので、デビ肩がない場合は耐久を確保する意味でも上段はダクハンが安定と思われる。呪縛陣は隣接してないと効果がないので、ヴェノムキメラの攻撃射程3を活かして常に地面をクリックしておき1セル空けるようにし、万が一拘束された場合に備えエルヴィラキャンディ(CT1分)を所持しておくと良い。

回復剤は注射器とエミュールcを装備し名声白ポを使っている。回復量はVIT100の珍で5500程度で、一回の戦闘で50個程度の消費で済む。白ポ2,800z×50個=140kの経費で、ニーヴ武器売却時確実に372k手に入るので、経費差し引き232kの利益になる。名声白ポの消費を132個までに抑えれば赤字にはならずに済む。瞬間的な回復量はイベント回復剤を遥かに上回るので、イベント回復剤の代替品としては十分優秀だ。

screenVali002_20180203233051262.jpg

生体獄阿修羅狩り

現在最高クラスの金策狩場、戦死者の墓での阿修羅狩りメモ。
今のところこの場所で最高の殲滅速度を誇る職は湾だと思われるが、Mdef100%無視前提になるため、+9ガーデンが買える資産がなければ効率は出ない。もう直究極精錬が来るので、入手できる可能性もワンチャンあるかも知れない。

今回は湾ではなく修羅での倒し方について触れていく。まずケラウノスとダークハンドは必須。安価カードを出されるとモチベーションが下がるので、修羅、RK、影葱、珍、AB、RGをメインに狙い、他は全て雷光弾で飛ばしていく。修羅は余計なmobに接近する必要がないため、アシッドテラー、アローストームなどの即死スキルを受けにくい。修羅にとって最も死亡要因となるのは非ボスの使うマックスペインによる反射だ。これは爆裂と同じく視界外に出ることによりエフェクト消失バグが起こる為、mobとの間合いを図る必要のある修羅にとって反射が視認で分かりづらくなりがち。運営はマックスペイン実装以前に、この致命的な不具合を修正すべきだろう。反射の効果時間は10秒で一度使用するとしばらく使えない模様。使用タイミングはmobによって異なる可能性があり、セイレンは基本的に視界に入ると一定時間経過後、確実に使用してくる。

倒し方はボス属性は即座に阿修羅を撃ち込んで倒すだけだが、非ボスの場合相打ちになる場合が多い。特にABの属性攻撃、珍のMAとソニックブローを受けて相打ちになりやすい。その対策として、白刃取りから阿修羅を撃ち込めば死亡する確率が劇的に下がる。湾民二種は初動のDSからM振動残響、M不協和音といった感じでスキルを連続して使うせいか、白刃取りが失敗しやすい。この二種は呪縛陣で固めてから阿修羅するのが良いかと思われる。影葱は石投げからインビジ→ワイドスタン→DS→DS→フェイタルメナスorフルストリップ→(属性攻撃?)→バクステorベナムフォグという感じの長引くと面倒なAIなので、発見し次第拘束スキルを使わず即座に倒すのが安全か。

基本的に名前の同じmobはMVPボスであろうと必中HITと95%Freeが同じになっている。必中HITは同じですが、95%Freeはボス属性とMVPの方が100多く設定されていました。誤情報失礼しました。阿修羅狩りをするにあたり、無駄に吸気回数を増やしてテンポを下げないために敵のHPを覚えなくてはいけない。HPは基本的にMVP>ボス属性>非ボスの順に多い。HPの覚え方は簡単で、ボス属性は非ボスのちょうど二倍HPがあり、同じくMVPもボス属性の二倍HPがある。非ボス12種のHPを把握していればボス属性とMVPのHPも求めやすい。ボス属性を相手にする場合、対非ボスの倍程度SPを確保すれば一確になる。

screenVali038.jpg

MVPランデル阿修羅一確

生体4のMVPランデルが料理無しLA込みで一確ライン到達。アクセには新カードのペルc2種を刺している。ABを持ってこなくとも倒せたらいいのだが、唯一それができそうな朧は事故死が多すぎて170まで上げてみたものの結局削除候補になった。

screenVali002.jpg

screenVali004_20180125155201ddc.jpg

悪魔の手による獅子吼お試し

悪魔の手は爆気Lv5取得時ボスに対するダメージ50%アップが付いているため、ロックリッジ、ビフ3、深淵の回廊で真価を発揮する。獅子吼は非ボス相手では思いの外ダメージが出ず、CT0.5秒の存在がネックになるため、ASPD次第で超連射できる雷光弾との併用が必須か。爆気と同じく自分中心に発動するスキルなので非常に使いやすく、範囲も15×15と非常に広い。ただ消費SPが多く+9以上の邪竜が必須と思われる。INT120型の修羅でも数をまとめて倒さないとSPが空になりやすい。この問題を解決するために修羅cをケラウノスに刺すか、鍛冶師に刺すか迷うとこだろう。
また、悪魔の手が上段装備の為、ダクハンを外す事になり被ダメージが倍になる。ロックリッジ鉱山のラウンドライダーとサイドライダーはニュマで無力化できるので何体いようと死ぬことはないが、人耐性30%のみだとトップブレードライダーのソニックブローでHPを6、7割持って行かれる。安定したレベリングを求めるならデビ肩が必須か。

screenVali039.jpg
武器はボス60%DV鈍器、アクセと靴は適当。RR鉱山のmobに対し反込み110kダメージで5確。

獅子吼を運用するにあたり、爆気散弾と地雷震を最大まで取得する必要があるので、恐らく大半の人が課金によるスキル振り直しを余儀なくされたのではないだろうか。ROを存続させる上で集金は必要かもしれないが、一つ開発や運営に苦言を呈するなら、悪魔の手のダサすぎる外見をなんとかすべきだろう。コスたまを買わせたいという思惑もあるのだろうが、最近の課金装備の外見はクオリティの低さが際立っている。金を払って貰っている以上誠意を見せるのが筋ではないか。
ブログランキング
CategoryRanking 1.0

Designed by 石津 花

検索フォーム